このサイトはお使いのブラウザ(Internet Explorer)非対応となっており、一部機能がご利用いただけない、または、表示が対応しておりません。
ご利用の際は最新のGoogle Chrome、Safari、Edge、Firefoxが推奨のブラウザとなっております。

このままInternet Explorerで閲覧する

山形スバル公式SNS山形スバル公式SNS

STAFF BLOGスタッフブログ

記事ビジュアル

2021.12.11

《 鶴岡店 この時期だからこそ… 》

皆さん、こんにちは!

街はすっかりクリスマス一色となりましたね。

各地でイルミネーションが見られて、夜に車を運転しているととても綺麗です。

 

 

さて皆さんはタイヤ交換、お済みでしょうか?

  • 当店にお任せいただいた方
  • タイヤ専門店をご利用の方
  • ガソリンスタンドに頼まれた方
  • ご自身で交換した方

色々な方がいらっしゃると思います。

この中で「ご自身で交換した」方。

ホイールナットはしっかり締め付けされましたか?

適正なトルクで締め付けしないと振動でナットが緩みタイヤの脱輪に繋がります。

結果、大事故に…なんて事になったら大変です!

ぜひチェックしてみてください!!

次はタイヤの空気圧。

タイヤを交換したら空気圧も必ず調整してください!

仮に低い空気圧で使用した場合(特に高速走行)、「スタンディングウェーブ現象」と呼ばれる状態になります。これはタイヤを横から見た時に波状に変形してしまう現象なのですが、この状態で走り続けるとタイヤが過熱され、最終的にはバーストしてしまいます。

逆に高い空気圧で使用した場合はタイヤの偏摩耗の可能性が高まるので必然的にタイヤの寿命が縮まります。

 

上の写真のように、運転席のドアを開けると適正空気圧が表記されたラベルが貼ってあります。このラベルを参考に調整してみてください。

夏・冬関係なく、タイヤの空気圧は月に一度は確認・調整しましょう!

お次はバッテリー。

最近「バッテリー上がったみたいでエンジンが掛からない」といった連絡が増えてきました。

寒くなると電圧が下がるので、弱っているバッテリーだとエンジンが掛けれなくなる恐れがあります。

上の写真のように充電量が100%でも健全性が低い値だとバッテリー上がりの確立が高くなります。

山形スバルでは定期点検や車検の際は必ずバッテリーテストをしております。結構、重要です!

最後はウォッシャー液。

使う頻度は少ないですが、いざ使おうと思ったら出てこない!

かなり不便ですよね。。

 

ウォッシャータンクの蓋を開けるとゲージが出てきます(下の写真)。このゲージでどこまでウォッシャー液が入っているかを確認できます。

補充はそこから注ぐだけです。めちゃくちゃ簡単!!

車の知識がそんなに無くても手軽に補充できるものなのでぜひチェックしてみてください。

今回は”この時期だからこそ!”気をつけたいチェックポイントを紹介しました。

専用の工具等がなければチェックできないものがありますので、もし気になる方はお気軽にお申し出ください!

鶴岡店のスタッフが丁寧にチェック致します!!

 

それでは、また

What’s New

スタッフブログ一覧はこちらSTAFF BLOG